日本ちゃんねる移転のお知らせ
日本ちゃんねるは
2011/12/09 LivedoorBlogに移転となります。

相互リンク先のブログ様はリンクの変更・RSSの変更をお願いします。
移転先
URL:http://nihonch.doorblog.jp/
RSS:http://nihonch.doorblog.jp/index.rdf

弱小零細ブログですが今後ともよろしくお願いします

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自衛隊・国防

【政治】「米軍はいまでも祖国を守るために激しく戦った日本には敬意」 孤立無援の硫黄島、忘れてはならない日本兵の戦い

1: 春デブリφ ★ :2011/06/18(土) 12:13:02.47 ID:???0

★【日米激戦の地・硫黄島】孤立無援、忘れてはならない日本兵の戦い

 米軍の陸上離着陸訓練取材のため今月7日、硫黄島(東京都)を訪れた際、現地に駐屯している自衛隊の好意で先の大戦の際、日米激戦の地となった島内をまわった。島には今もなお日本兵がこもった地下壕が残っている。壕の中に入ると孤立無援のなか、一日でも長く硫黄島を守ることで、本土決戦を遅らせようと戦った日本兵らの苦労がしのばれた。

  ◇司令部壕

 島の北部にある陸軍小笠原兵団司令部壕。栗林忠道・陸軍大将が指揮をとった場所だ。入り口には観音像が置かれている。 階段を下りると、壕の中は天井も低く、幅も狭い。クリント・イーストウッド監督の映画「硫黄島からの手紙」に出てくる壕は大きな洞窟のようだったが、通路は人ひとりがやっと通れるくらいの幅だった。 手に持った懐中灯を頼りに暗い通路を頭を屈めながら前に進む。壕中は地熱による蒸気で暑く、40度ぐらいあった。奥の方はまったく見えない。迷路のようになっており、案内してくれた自衛隊の方からは「絶対に離れないください」と言われた。 日本兵は地熱と硫黄ガスに悩まされながら地下壕を掘り、さらにこの中に立てこもって、圧倒的な兵力差の米軍を相手に戦った。

 続いて見学した海軍医務科壕も壕に入るとすぐ右に弔い用の観音様がある。左の通路脇には、遺品とみられる飯盒などが置いてあった。ここは司令部壕よりも広かったが、内部の温度はより高く感じた。(続く)■ソース(産経新聞)(有元隆志、写真=古厩正樹)http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110618/plc11061812000004-n1.htm※写真 硫黄島戦没者の碑から摺鉢山が見える

2chURL:http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1308366782/

3: 春デブリφ ★ :2011/06/18(土) 12:14:56.67 ID:???0

(>>1の続き)
 野戦病院としては辛い環境で、満足に医薬品もなかっただろうから負傷兵はさぞかし
苦しかったことだろう。ここは昭和58年に収容作業が行われ、54柱の御遺骨が収容
されたという

 ◇隆起◇

 司令部壕に行く前に、島の東海岸にある西竹一陸軍大佐の戦死の碑に寄った。ロサン
ゼルスオリンピックで愛馬ウラヌスを駆って馬術大障害で金メダリストとなった
「バロン西」だ。西大佐の死亡場所については複数の説があるが、碑の近くには硫黄の
露出や噴気が見られた。

 硫黄島の外周道路には、いくつか箇所で段差ができていた。さらに、摺鉢山に向かう
道路の右側の海岸には、船の残骸がいくつもある。米軍が占領後に桟橋を造ろうと、コ
ンクリート船を沈めたものの、隆起現象により海面下にあった船が海上に出てきたのだ
という。
 国土地理院の観測によると、島全体の隆起を示す地殻変動は一時鈍化したが、今年1
月末頃から隆起速度が再び増加している。

 地形の変化は遺骨収集にも影響を与えている。戦争当時の資料と今では地形が異なり、
資料や証言に基づいて掘っても発見できない可能性もあるそうだ。
(続く)

5: 春デブリφ ★ :2011/06/18(土) 12:16:01.27 ID:???0

(>>3の続き)
 ◇摺鉢山◇

 沈船群を過ぎると、摺鉢山まではすぐだ。舗装済みの登山道と登ると、バスは標高約
180mの山頂近くに着く。山の一部は大きくえぐれていた。米軍による艦砲射撃の
激しさがうかがえる。

 山頂にある顕彰碑には日本地図が描かれていた。守備隊が全国各地から召集されたた
め、地図には各地の石がはめ込んであった。

 山から眼下に望めるのが米国が上陸した海岸だ。白い波が海岸に打ち寄せ、日米両軍
が激しく戦ったとは想像できないほど静かな光景だった。
 米軍がこの海岸に上陸したのは昭和20年2月19日。当初は5日間で占領する計画
だったが、日本軍の抵抗で戦いは1カ月以上続いた。

 孤立無援の悪条件のなか日本兵はよく耐えた。日本軍は全体の95%にあたる約2万
人が戦死したが、米軍の死傷者数はそれを上回る約2万8000人だった。

 そのため、硫黄島での戦いは米国にとって日米戦の勝利の象徴になっている。摺鉢山
に掲げられた星条旗の像は米国人ならだれもが知っている。
(続く)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110618/plc11061812000004-n2.htm

8: 春デブリφ ★ :2011/06/18(土) 12:17:14.37 ID:???0

(>>5の続き)
 私は米国勤務時代、ワシントン近郊に開館した海兵隊博物館に行ったことがある。博
物館の外観は、米軍兵士が摺鉢山で星条旗を立てる写真をモチーフにしており、館内に
はその星条旗の実物も展示されている。

 海兵隊が参加した朝鮮戦争、ベトナム戦争などの展示もあるが、ハイライトは硫黄島
の戦いだ。硫黄島がいかに海兵隊にとって特別な存在であるかがわかる。ブッシュ前大
統領も開館式典で硫黄島での戦闘が「米国の歴史上最も重大な戦いの1つだった」と述
べている。
 自衛隊幹部によると、「米軍は同盟強化が遅々として進まない政治状況には不満を持
っているものの、いまでも祖国を守るために激しく戦った日本には敬意を持っている」
という。

 その意味でも私たちは硫黄島で戦った兵士を決して忘れてはならない。だが、戦死し
た日本将兵の遺骨は約4割しか収集できておらず、約1万3千柱が未収集だ。米軍兵士
の遺骨は硫黄島返還に伴いワシントンのアーリントン墓地にて改葬されている。

 政府は戦没者の遺骨収集について「国の責務」とし、特に硫黄島については「最大限
の努力を傾注」するとしている。与野党を問わず、国の責任として取り組む必要がある
だろう。
 硫黄島の夜、見上げた空には満天の星が煌いていた。兵士たちも家族を、故郷を思い
ながら同じ空をみていたのだろうかと思いながら、島を後にした。
(以上)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110618/plc11061812000004-n3.htm

4: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:15:27.43 ID:7qqV+VFP0

> 「米軍はいまでも祖国を守るために激しく戦った日本には敬意」

これは信用できない。

256: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 13:21:58.82 ID:JUXBqLBxP

>>4
アメリカって戦前は日本を見下してたけど戦争したおかげで日本のことを認めるようになったんだよな。

451: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 14:46:07.96 ID:PuBZVL4D0

>>4
自分の国を守るという行為に対して敬意を払わないのは日本のバカ左翼ぐらいじゃね?

548: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 16:54:03.84 ID:G15fYvRw0

>>4
自分の仲間が虫けらに殺されたって考えたくないから
敬意を払うってこともある

553: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 17:12:01.23 ID:zC+0s3sD0

>>4
アメリカは国に尽くした人について、敬意を払うように環境的に身に付いちゃうんだよ。なので、昔の戦場跡とか行って、だらしない格好していると敬意を払うように必ず叱られる。
なので、記事は信用できるけどな。

むしろ、そういうのを嘘っぱちだと言う人は、普段の心掛けに敬意という言葉が無いんだろうな

7: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:17:06.74 ID:8WeN4d510


むしろ、日本の民主党支持者やバカ左翼連中が、
日本の兵士を貶めたり、蔑ろにしたりしているのが実情。

反日左翼をのさばらせていたら、国が亡びる。

20: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:21:17.88 ID:aSoSNpOUi

>>7
全くだな
曾て敵だった連中の方が日本軍を評価して敬意払ってる
こんな異常な事は無いよ

9: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:17:44.31 ID:BunDUEln0

「カミカゼがあまりに多くの駆逐艦に体当たりしたため、ある駆逐艦の乗員たちは
『空母はあっち』と書かれた方向を示した大きな矢印を甲板に掲げたほどであった」

(「原爆投下とトルーマン」J・サミュエル・ウォーカー 林義勝監訳 彩流社 P61)

142: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:52:28.30 ID:Rc9PVl6l0

>>9
マジかw

202: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 13:07:55.96 ID:x98g63Yw0

>>142
カミカゼアタックから逃げようとしても出来なかった。彼らは沖縄作戦の支援艦隊だったから。
逃げない敵は浮かぶ標的。日本軍は戦果確認が難しかったし、米軍も被害を秘匿したので神風攻撃は犬死のように喧伝されがちだが、実際は沖縄沖に展開した連合軍艦隊の損害は甚大だった。
あの開戦当日から活躍し幸運艦と言われた空母エンタープライズさえもカミカゼアタックで大破し、ドッグ入りのまま終戦を迎えた。
カミカゼパイロット戦死者よりも圧倒的多数の戦死者をカミカゼアタックによって出している。

10: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:17:45.88 ID:Dg7dfalR0

あの頃のような負けは繰り返さない
とはならずに、国防は他人任せで島は取られ放題。
戦没者もうかばれんわな。
こんな国になってしまってごめんなさい。

12: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:18:19.73 ID:8d0EmCdF0

いやーあの戦いは、日米ともに立派な戦いじゃった。あの立派さを貶めようと
しているのが、今の日本人のほんの一部と、亜細亜の卑怯者達だけだよ。

実際、あの壮絶な戦いをやってのけた、他の亜細亜人は独りもおらんよ。

125: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:47:27.22 ID:xr8rRIwN0

>>12
程度の差はあれベトナムやインドネシア人には敬意をもつが、
チョンとかチャンコロとか笑わせるよな。
白人の手先にしかなってねえし。

13: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:18:55.33 ID:gwbQm6zB0

 今より総攻撃の時に「多くの国民が諸君らの勲功をたたえ涙し黙祷を捧げる日がかならずや来
 るであろう。靖んじて国に殉ずるべし」と栗林が日本刀を抜いたシーンにジーンときて、靖国
 に参拝に行ったよ。

15: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:19:49.30 ID:vxDJuz0e0

ブチ殺した相手に敬意とか何? 分裂症なの?

31: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:26:06.70 ID:EfheFZ760

>>15
とりあえず、戦時中に亡くなった日本兵に土下座してこい

59: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:33:16.10 ID:XW7eI2Dx0

>>15
お前、勝ったら相手に何してもいいと思ってる国の人間か?

敢闘した敗者が敬意を持って遇されるのは古今東西よくあること。

250: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 13:20:08.41 ID:j0gnNMGo0

>>15
好敵手、拳と拳で築く友情、敵に塩を送る
こうした心情が理解できない君の国籍は?


362: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 14:03:48.82 ID:uFyIg/hc0

>>15
死人の像に小便をかける、中国と韓国とは文化が違う

373: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 14:07:45.69 ID:26XZwcx30

>>15
戦争の意味を知ろう。

379: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 14:10:52.57 ID:H4uljQ0V0

>>15
敵ながらあっぱれと言ってな(ry

19: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:21:16.86 ID:5ZcEDocZ0

この時代に日本のために非常に勇敢に戦った人たちがいるから、
いまでもその印象が、ある程度は我が国の安全保障にプラスに働いてるだろう。

26: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:23:20.88 ID:oeAnY30x0

未だに原爆投下を正義だとか抜かしてる鬼畜に
こういうこと言われて日本人が喜ぶと思ってんのかな?

438: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 14:41:49.58 ID:gFaDf2ys0

>>26
色々な考え方があるって、わからないかね?
アメリカは言論の自由があるからね

37: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:27:15.14 ID:QJsmXW9T0

いまだにアメリカに陵辱され続ける我が国日本・・・
アメリカの犬と呼ばれても仕方ない・・・

43: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:29:42.76 ID:nPPcdUDb0

日本は強いな

46: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:31:17.39 ID:5ZcEDocZ0

でも硫黄島の戦いって日本で優秀なのは中間管理職までっていうことの典型的な例だよね。

50: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:31:50.69 ID:3hedgMN8O

アメリカは二倍の戦力を使って、日本軍を壊滅させたけど、味方の損害はやっつけた日本軍以上の死傷者。
持ち上げなきゃ惨めになるよな。

62: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:34:53.36 ID:G5wqg6it0

>>50
いや、もし米軍が日本の戦いぶりを評価していなければ、
作戦実行のミスとしてその後、指揮官が更迭されただろう。(しかしその事実はない)

68: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:35:26.46 ID:8d0EmCdF0

>>50
アメリカが戦前日本を持ち上げるのは、そこらへんも大きいね。日本の戦いの
方が(資源と労働力が無かったせいも大きいが)前半はコストパフォーマンスは
良かった。

60: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:34:24.57 ID:H2ybldyX0

うーん
戦争に何がしかの意味があるとすれば、互いに敵だったものに敬意を示せるかどうかじゃないかな。
日本とアメリカは60年かけてそれを示したと思うけどね。

61: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:34:34.95 ID:ri3VGMo+0

そうだな
日本も中国無名戦士の墓って碑を立てて
敬礼したもんな

63: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:34:57.69 ID:FXtuQ+cH0

米軍を持ち上げる為には敵役の日本軍も凄かったんだ、というのが
ストーリーとして一番わかりやすいからね。
(実際凄かったのは言うまでも無いが)

空の要塞と呼ばれたB-17を世界で始めて撃墜した
「大空のサムライ」坂井三郎が向こうで人気なのと同じ文脈。

83: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:39:37.70 ID:8d0EmCdF0

>>63
勝者だからこそ、敗者の「素晴らしい所」を評価できるのである。ところが、
日本を含め亜細亜には、勝者でも敗者でもないくせに、敗者を必要以上に叩き、
その死骸に小便をする、悲しいかな野蛮人も多い。

69: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:35:52.46 ID:kJKmj7c80

散っていった古い日本人には頭があがらねーよ こんな状態になっちまって
こんな日本を望んだわけじゃないだろうに

71: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:36:04.92 ID:AcqLi5DR0

今の米兵は人種差別意識は低くなっているだろうけど、当時の白人兵が
そこまで思っていたのかは結構疑問。
部隊で日本兵の鼻や耳を削いで収集を競いあったりしていたんだからなあ。

74: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:36:44.58 ID:3RWAb//40

なぜそんなに硫黄島が欲しかったんだ?
他の島にない魅力があったのかな

75: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:37:10.72 ID:ri3VGMo+0

>>74
本土攻撃拠点

86: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:40:33.66 ID:l6paRJlA0

>>74
硫黄島から本土というか東京まで爆弾おとすことが可能になるんだよ
硫黄島にはもともと飛行場があって整備が楽で、それ以外の飛行場がある島は
沖縄くらいだった

95: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:42:26.95 ID:8d0EmCdF0

>>74
硫黄島が入ると、当時アメリカの少なからず持ってた長距離爆撃機の航続距離の
範囲に日本の主要都市の多くがスッポリ入る。この戦略的意義は大きい。

だから、日米共に必死だったのさ。

440: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 14:43:04.97 ID:BhaP3w/n0

>>74
硫黄島はB29の発進基地であるサイパンと東京の中間。
サイパン〜東京は約2000kmで護衛戦闘機はそんな距離を往復して戦闘できない。
硫黄島は護衛戦闘機の基地として更に本土空襲時に損傷したB29の不時着基地
として必要だった。
硫黄島に不時着したB29クルーは約20.000名。

76: 名無しさん@12周年 :2011/06/18(土) 12:37:11.67 ID:fSUiJAoo0

アメリカは日本と戦争しても何度でも勝つだろうけど
もう日本とは戦争したくないって嫌気がさしたのは事実だろう
日本に対して軍事的示威行動が意味をなさないってアメリカは知ってるけど中国人は知らない

オススメ記事
関連記事
Comment
622
  ∧ ∧    おい、ヤンキー。ウリのことも
 < `∀´> < 強敵と書いて「とも」と読んでいいニダよ

623
終戦間近のクソみたいにボロ負けしてた状況で硫黄島じゃキルレシオが1:1以上になってたってのが改めて驚きだよなぁ…
ここで踏ん張った人が居るから本土決戦が避けられたのは間違いない

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
その他新着記事
カテゴリ
アクセスランキング
リンク
検索フォーム
UUカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
Twitter About Mail Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。