日本ちゃんねる移転のお知らせ
日本ちゃんねるは
2011/12/09 LivedoorBlogに移転となります。

相互リンク先のブログ様はリンクの変更・RSSの変更をお願いします。
移転先
URL:http://nihonch.doorblog.jp/
RSS:http://nihonch.doorblog.jp/index.rdf

弱小零細ブログですが今後ともよろしくお願いします

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皇室

【讀賣社説】 「女性宮家」 皇位継承の議論を再開したい 安定的な皇位継承には、女性天皇・女系天皇の問題も避けては通れぬ課題

1: うしうしタイフーンφ ★ :2011/11/27(日) 14:36:11.03 ID:???0

★「女性宮家」 皇位継承の議論を再開したい

宮内庁の羽毛田信吾長官が、女性皇族による宮家の創設を「火急の案件」として野田首相に検討するよう要請していたことが分かった。
藤村官房長官は「国民各層の議論を十分に踏まえ、今後検討していく」との考えを示した。
皇位継承のあり方や国家の根幹に関わる重要な課題だ。広く国民の理解を得ながら、検討を進めていくべきだろう。

皇室典範は、女性皇族が一般の人と結婚した場合は、皇族の身分を離れると定めている。
結婚後、宮家として皇室に残るには、皇室典範を改正する必要がある。
「女性宮家」の創設は、小泉内閣が設置した皇室典範に関する有識者会議でまとめた2005年の報告書にも盛り込まれていた。
報告書は、皇位の安定的な継承を維持するためには、女性天皇・女系天皇への道を開くことが「不可欠」としていた。
その前提として必要な制度改正の一つに、女性宮家の創設を挙げた。翌06年9月、秋篠宮ご夫妻に長男、悠仁さまが誕生された。
女性天皇・女系天皇を認めるための皇室典範改正案が準備されていたが、国会提出は見送られた。
皇位継承のあり方をめぐる議論も、ストップした。
だが、このままでは、皇族が減少していくことは確かである。

現在、30歳以下の皇族は悠仁さまをはじめ9人で、そのうち8人が未婚の女性だ。
先月23日には、秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまが20歳の誕生日を迎えられ、8人のうち既に6人が成人されている。女性皇族が結婚を機に皇籍を相次いで離脱されれば、女性宮家を創設しようにも出来なくなる。
悠仁さまをわずかの皇族方で支えるという事態にもなりかねない。
女性宮家の創設が「火急の案件」なのは、そうした懸念を拭えないからだろう。

女性天皇・女系天皇を認めるか否かをめぐっては、05年の有識者会議報告の後も、賛否さまざまな意見があった。
結論を得るのに時間がかかるのであれば、女性皇族の結婚による離脱を防いでおきたい、というのが宮内庁の考えではないか。
安定的な皇位継承には、女性天皇・女系天皇の問題も避けては通れぬ課題である。
皇室制度を安定的に存続させていくためには、いかなる制度改正が望まれるのか。小泉内閣以来、しばらく途切れていた議論を再開させる必要がある。

讀賣新聞
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20111125-OYT1T01262.htm

2chURL:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1322372171/

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
その他新着記事
カテゴリ
アクセスランキング
リンク
検索フォーム
UUカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
Twitter About Mail Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。