日本ちゃんねる移転のお知らせ
日本ちゃんねるは
2011/12/09 LivedoorBlogに移転となります。

相互リンク先のブログ様はリンクの変更・RSSの変更をお願いします。
移転先
URL:http://nihonch.doorblog.jp/
RSS:http://nihonch.doorblog.jp/index.rdf

弱小零細ブログですが今後ともよろしくお願いします

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年金問題

【年金】支給開始年齢70歳引き上げで45歳以下は払い損、高齢世代は“年金天国”[11/10/24]

1: かじてつ!ρ ★ :2011/10/24(月) 10:34:15.93 ID:???P

○年金70歳引き上げで45歳以下は払い損、高齢世代は“年金天国”

野田内閣が推し進める増税と年金支給年齢の引き上げ。7月に閣議了解された『社会保障と税の一体改革案』では、現在65歳の年金支給開始年齢を「68〜70歳」へ引き上げることが盛り込まれており、小宮山洋子・厚労相は、早速、社会保障審議会年金部会に具体案を提示して最大70歳支給への制度改革の検討を指示した。

今回の年金改訂で見逃せないのは、「世代間格差」が大きく広がることだ。

すでに年金支給を受けている「団塊の世代」より上の年齢層は多額の年金で老後の生活を保障される。対して、現役サラリーマン世代は給料から天引きされる年金保険料より受け取る年金額が少ないという「払い損現象」が起きる。

厚労省が5年ごとに行なっている年金の財政検証(2009年版)の平均モデルで比較すると、現在75歳の厚生年金受給者は、サラリーマン時代に総額1800万円(労使合計)の保険料を支払い、平均寿命までに総額5600万円の年金を受け取ることができる。年金給付倍率は「3.25倍」だ。

65歳の場合も、保険料2400万円支払って年金は4700万円。給付倍率は約2倍で、まだ得する世代であることがわかる。

だが、50歳代から下は改悪のあおりをモロに受ける。例えば55歳のサラリーマンは、現行制度なら3600万円の保険料に対して年金総額は5100万円とやや上回る(1.45倍)ものの、即「70歳支給」に切り替えられたとすると、そこから1000万円ほど減額され、年金総額は4100万円まで下がる計算になる。

現在45歳の現役サラリーマンが損得分岐点に立っている世代だ。保険料4800万円で受給額は5900万円(1.15倍)だが、70歳支給になると4900万円に減り、保険料を“タンス預金”したのとほとんど変わらなくなる。

この世代より下は確実に払い損になる。

なぜ、給付倍率に大きな格差が生まれるのか。(以下略、ソースをご覧下さい)

□ソース:NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20111024_66650.html

2chURL:http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1319420055/

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

年金問題

【政治】年金、支給年齢引き上げ議論 「スケジュール前倒し」「68-70歳から」に反発★3

1: ゴッドファッカーφ ★ :2011/10/12(水) 21:33:10.99 ID:???0

★年金支給年齢上げ議論 「前倒し」「68歳」に反発

厚生労働省は十一日、社会保障と税の一体改革の一環として、公的年金の支給開始年齢の 見直し議論を始めた。同日開かれた社会保障審議会(厚労相の諮問機関)年金部会は、 現在実施している段階的な厚生年金の支給開始年齢の引き上げスケジュールの前倒しや、 支給開始年齢をさらに六十八〜七十歳に上げることについて協議した。経済界や労働界の 委員からは慎重意見が相次いだ。

現在、厚生年金の支給開始年齢は六十歳。男性は二〇一三年度から三年おきに一歳ずつ 引き上げ、二五年度に六十五歳となる計画。女性は一八年度から上げ、三〇年度に六十五歳 となる。これを「二年に一歳ずつ」の引き上げとし、計画完了を四年前倒しする案を軸に検討する。

支給開始年齢のさらなる引き上げについては「雇用されている高齢者からどうつなぐかという 議論ができてない中での引き上げはいかがなものか」「高齢者の雇用が増えれば若年者の 雇用への悪影響も考えられるので、慎重にすべきだ」と、連合や経団連の委員が強く反発した。

引き上げスケジュールの前倒しについても「老後の生活設計に直接影響する。 一度決めたものを変えれば、制度への国民の信頼を失う」と、慎重な意見が相次いだ。

部会には六十歳以降も会社員として働き続けた場合、賃金に応じて厚生年金を減額する 「在職老齢年金制度」見直し案も提示された。

高齢者の働く意欲をそぐとして、減額基準を緩和する。現在、六十〜六十四歳は賃金と年金の合計が 月二十八万円超で年金を減額しているが、これを三十三万円超か四十六万円超に引き上げる。

▽ソース:東京新聞 2011年10月12日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011101202000041.html

▽前スレ(★1が立った時刻:2011/10/12(水) 10:02:19.92)
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1318403568/

2chURL:http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1318422790/

このエントリーをはてなブックマークに追加

年金問題

【政治】 "将来的に68歳から70歳程度へ" 厚生労働省、年金支給開始年齢の引き上げ検討へ★10

1: ゴッドファッカーφ ★ :2011/10/10(月) 13:57:40.84 ID:???0

厚生労働省は、年金の支給開始年齢について、急速に進む少子高齢化に対応するには、 将来的に68歳から70歳程度へ引き上げることを視野に検討を進める必要があるとして、今週から本格的な議論を始める方針です。

年金の支給開始年齢を巡っては、厚生年金について、男性は2025年度、女性は2030年度までに段階的に65歳まで引き上げ、 基礎年金と合わせることがすでに決まっています。これについて、厚生労働省は、急速に進む少子高齢化に対応するには、 さらに68歳から70歳程度へ引き上げることを視野に検討を進める必要があるとして、 今週から社会保障審議会の部会で本格的な議論を始める方針です。 具体的には、引き上げるスケジュールを3年に1歳ずつから2年に1歳ずつに早めて、65歳への引き上げ時期を前倒ししたうえで、 基礎年金とともに、68歳から70歳程度へ引き上げる案などを示し、 定年制の見直しなど高齢者の雇用対策も含めて慎重に議論を進めることにしています。 一方、60歳から64歳で、年金と給料の合計が月額28万円を超えると年金が減額される、 「在職老齢年金制度」の現在の仕組みについて、働く意欲を阻害しているという指摘があることから、厚生労働省は、 減額の対象となる限度額を、65歳以上と同じ46万円や、平均的な給与水準に合わせた33万円に緩和する案などを示し、 検討していくことにしています。

NHK 10月9日 6時35分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111009/t10013143701000.html

前スレ ★1の投稿日2011/10/09(日) 07:42:47.54
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1318172044/

2chURL:http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1318222660/

このエントリーをはてなブックマークに追加
その他新着記事
カテゴリ
アクセスランキング
リンク
検索フォーム
UUカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
Twitter About Mail Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。