日本ちゃんねる移転のお知らせ
日本ちゃんねるは
2011/12/09 LivedoorBlogに移転となります。

相互リンク先のブログ様はリンクの変更・RSSの変更をお願いします。
移転先
URL:http://nihonch.doorblog.jp/
RSS:http://nihonch.doorblog.jp/index.rdf

弱小零細ブログですが今後ともよろしくお願いします

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射能汚染問題

【宮城】 福島県産の「米」を宮城県産と表示 仙台の米穀卸「ケンベイミヤギ」

1: かしわ餅φ ★ :2011/11/29(火) 10:06:17.35 ID:???0

穀卸の宮城県内大手、協同組合ケンベイミヤギ(仙台市太白区、岡部英之理事長)が一般消費者向けの精米商品で、実際とは異なる産地や銘柄を表示し、販売していたことが28日、分かった。東北農政局や宮城県など関係機関は日本農林規格(JAS)法違反などの疑いがあるとして、ケンベイへの立ち入り調査を実施。行政指導・処分の検討に入った。

 関係者によると、ケンベイは2010年から11年にかけて(1)福島県産のコシヒカリやひとめぼれを宮城県産と表示(2)一般の宮城県産ササニシキを同県産の特別栽培米ササニシキと表示(3)未検査米を青森県産つがるロマンや宮城県産みやこがねもちと表示―するなどして販売した疑いが持たれている。

 農政局などの調査に対し、ケンベイは事実と異なる表示をしたことを認めているという。

 調査では、ケンベイが仕入れや出荷などの帳簿や台帳を適正な形で作成・保管しておらず、取引の実態が不明確なことも判明。宮城県は、取引記録の作成・保存を義務づけた米トレーサビリティー法に抵触する疑いもあるとみている。

 ケンベイの岡部理事長は河北新報社の取材に対し、「経営改善のための大幅な人員削減や東日本大震災後の混乱の中で表示ミスが起きた。管理不十分と言われれば返す言葉がないが、意図的な偽装ではない」と説明。「消費者には申し訳ない結果になったという気持ちはある」と話した。

 ケンベイミヤギは1951年、宮城県米穀卸販売協同組合として設立。91年に塩釜米穀卸協同組合と合併し、現在の名称となった。組合員は小売業者などの108人(2010年度)。帝国データバンクや東京商工リサーチによると、11年3月期の売上高は約13億3000万円。

河北新報 東北のニュース/仙台の米穀卸「ケンベイミヤギ」 産地や銘柄を不正表示
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/11/20111129t13013.htm

2chURL:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1322528777/

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

放射能汚染問題

【原発問題】「風評被害で大波地区産、ひいては福島市産のコメがさらに売れなくなるのが心配だ」 コメ出荷停止に農家から怒りの声

1: 出世ウホφ ★ :2011/11/18(金) 04:28:59.65 ID:???0

政府による初のコメ出荷停止の指示を受けた福島市大波地区では、農家に戸惑いや怒りの色が広がった。

 「大波地区の水田は約70ヘクタールあるが、県は2カ所でサンプル調査をしただけ。もっと調査箇所を増やすべきだった」。と話すのは同地区の農業、八巻良光さん(65)。

 八巻さんは22アールに作付けし、収穫分は地元農協が買い取った。ただ、昨年はコメ60キロ当たり1万6千円だった価格が、今年は1万2千円程度まで値下がりしたという。「これでは来年以降に作付けする意欲がなくなる。すでに収穫したコメを知人や親類に譲った農家もおり、食べた子供もいるだろう」と憤る。

 15アールに作付けした大波勝弘さん(69)は「県の安全宣言は何だったのか。基準値を超えたのは1カ所でも、風評被害で大波地区産、ひいては福島市産のコメがさらに売れなくなるのが心配だ」と話した。

産経新聞 11月17日(木)23時2分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111117-00000623-san-soci

2chURL:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1321558139/

このエントリーをはてなブックマークに追加

放射能汚染問題

【原発問題】 東京都から熊本市に自主避難中の主婦「マンションのローンと生活費で家計は苦しい」 公的支援を要望

1: かしわ餅φ ★ :2011/10/02(日) 14:31:24.95 ID:???0

東日本大震災後に県内に身を寄せる人たちを支援する「熊本被災者支援プロジェクト」(熊本市)のアンケートで、避難中の14世帯のうち11世帯が熊本での長期移住、6世帯が家族そろっての移住を考えていることがわかった。だが、その多くが住宅や仕事の確保、子どもの教育に不安を抱えており、寮慶吉代表は「支援態勢の充実が必要だ」と訴えている。

  熊本市で9月24日に避難者同士の交流会を実施。参加した22世帯(計65人)に移住の意向や抱えている問題、要望などを聞き、14世帯から回答を得た。

  県が把握する県内への避難者は107世帯244人(26日現在)。だが、今回の参加者は放射能汚染への不安などで関東から自主避難した世帯が多く、その実数はつかめていない。そうした世帯は住宅の無償提供などの公的支援を受けるための被災証明書がないため、自主避難者への家賃補助や公営住宅への有償入居などを求める声が目立った。放射能関連の関心も高く、食品の放射線量や被曝(ひ・ばく)検査ができる機関などの情報提供を必要とする意見もあった。

  寮代表は9月28日、アンケート結果を県と熊本市に提出し、移住希望者や自主避難者への支援を要望した。同プロジェクトは7月末から避難者の不安軽減を目指した交流会を続けており、次回は親子連れを対象に10月10日午前10時から熊本市大江5丁目のウェルパルくまもとで開く。参加無料で、問い合わせは()へ。

  「熊本に来て精神的に落ち着きました」。東京都葛飾区から熊本市に2人の子どもと自主避難中の佐田奈緒子さん(44)は話す。

asahi.com:県内移住望む避難者-マイタウン熊本
http://mytown.asahi.com/kumamoto/news.php?k_id=44000001110010004

2chURL:http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1317533484/

3: かしわ餅φ ★ :2011/10/02(日) 14:31:41.33 ID:???0

  3月下旬、同区の浄水場で乳児への基準値を超える放射性物質が検出され、東京都は乳児が水道水を摂取しないよう呼びかけた。あちこちでミネラルウオーターが在庫切れに。制限はやがて解除されたが、地域の親に不安が広がった。
水や野菜は大丈夫か、子どもを校庭で遊ばせていいのか。学校給食の材料が不安で我が子に弁当を持たせる保護者や、
それを批判する声も出た。

長男(8)と長女(5)がいる佐田さんも「気にしすぎてはいけないと思ったが、子どもが心配で仕方なかった」。政府が繰り返す「安全」という言葉を信じていいのか、分からなかったという。

夫(47)が長期の海外出張で動きやすいこともあり、夏休みを利用して一時避難することに。「とにかく南へ」と考え、知人の勧めで8月上旬から熊本市の2DKのマンスリーマンションに母子3人で住み始めた。ゆかりのない土地だが、子どもたちはすぐに友達ができ、近所の人もやさしく声をかけてくれた。「安心して暮らせ、食べ物もおいしい」といい、長期的に住むことを検討中だ。

だが、東京のマンションのローンと熊本での生活費が重なり、家計は苦しい。県や熊本市に相談したが、被災の証明書がなく、公的な支援は断られた。「一番の不安は住宅。公営の安い場所に落ち着けるといいのですが」。 生活費のためにパートも探す予定という。

このエントリーをはてなブックマークに追加

放射能汚染問題

【福島】 伊達と南相馬産クリの出荷停止 政府が指示 1キロ当たり南相馬市産は2040ベクレル、伊達市産は870ベクレル

1: うしうしタイフーンφ ★ :2011/09/21(水) 16:37:43.55 ID:???0

★伊達と南相馬産クリの出荷停止 政府が指示   政府は20日、伊達、南相馬両市のクリの出荷停止を指示した。食品衛生法の暫定基準値(1キロ当たり500ベクレル)を上回る放射性セシウムが検出されたためで、クリの停止は初めて。県は指示を受けて同日、両市や関係団体に通知した。

5日採取の南相馬市産は2040ベクレル、15日採取の伊達市産は870ベクレルが検出された。いずれも県が出荷自粛を要請していた。

福島民報
http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4107&mode=0&classId=0&blockId=9890351&newsMode=article

2chURL:http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1316590663/

このエントリーをはてなブックマークに追加

放射能汚染問題

【原発問題】福島の一般米、21日に店頭へ=「ひとめぼれ」35トン出荷

1: 出世ウホφ ★ :2011/09/21(水) 02:00:01.72 ID:???0

福島県会津坂下町のJA会津みどりで20日、東京電力福島第1原発事故後で県内初となる一般米の出荷が始まった。同町の農家で収穫された「ひとめぼれ」約34.5トンで、玄米の形などを見て行う等級格付け検査では全て、最高品質である「一等米」と判定された。県内のスーパー「ヨークベニマル」の63店で21日に販売が始まる見通しだ。

県内各地で行われた放射性セシウム検査の結果、会津坂下町と矢祭町では、町内の全ての検査対象地点でセシウムが検出されなかった。このため県が18日、二つの町で収穫されたコメの出荷を認めていた。10月上旬には、県内全域の検査結果が判明する見通し。 

時事通信 9月20日(火)21時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110920-00000140-jij-bus_all

2chURL:http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1316538001/

このエントリーをはてなブックマークに追加
その他新着記事
カテゴリ
アクセスランキング
リンク
検索フォーム
UUカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
Twitter About Mail Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。